ブログ

自由が丘クリニックの日焼け止め。8月がピークの紫外線ケア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

紫外線。。
降り注いでますね〜。

関東も梅雨明し、夏真っ盛りですが、皆様、紫外線ケアされてますか?
ワタクシ吉田はDNA検査でも紫外線にかなり弱いタイプという事が分かっているので
最近はちょっと外に出るのでもUVケアをちゃんとするようになりました。

基本的な事ですが、
日焼け止めには【SPF】と【PA】の表記がありますが、
コレって何がどう違うのかご存知ですか?

紫外線にはUVA波とUVB波があります。

UVA波は、エネルギーは弱いのですが、浸透力が高い。
なので、肌へのダメージは深刻です。
しかも、地表に届く全紫外線のうち約95%を占めているんです。
多いです。量が多くて浸透力も高い。
シミ、シワ、たるみの原因になります。

4月~8月がピークのUVA波ですが、それ以外の月もピーク時の1/2以上の量があるので、
そう思うと1年中、紫外線対策って必要なんだなぁと思っておりますよ。
そんなUVA波は日焼け止めの【PA】が守ってくれます。

そして、UVB波は【SPF】の方ですね。
おもに肌の表面で吸収されるため、浸透力は無いのですが、
細胞を損傷して火傷のように赤くなったり、メラニン色素が沈着して褐色になったり、
シミやソバカスの原因にもなります。
こちらは5月〜8月がピーク。

なんとなく、PA表記って+の数であらわされるので、SPFに注目しがちですが、
PAめちゃくちゃ大事!ですよね。

数値もSPF50超えでPA+++++とか色々ありますが、
数値が高いと肌へのダメージも、悲しいですが高くなります。
日焼け止めは毎日こまめに。しかも1年中必要って考えると、、、
数値はあまり高すぎる物は避けたいなと思いますよね。

サクラ産業では、美容皮膚科のドクターズコスメJCprogramのお取り扱いがございますので
毎日の紫外線ケアも、この日焼け止めで肌に負担をかけずにしっかりケアできます。

デイリースキンヴェールUVはSPF35 PA+++


白残りしないし、軽いつけ心地なので日焼け止めがニガテな方も大丈夫。
メイクの下地にも使えますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加